大阪府泉佐野市の歯科(歯医者)かつふじ歯科です。いびき・歯ぎしり・マウスガードの案内。治療費、料金等ご相談受付中。

いびき・歯ぎしり・マウスガード

スリープスプリント(いびき、睡眠時無呼吸症候群治療装置)

睡眠時のいびきは日常生活においていろいろな障害を引き起こすといわれています。そこで睡眠時の上下の顎をマウスピースに似た装置で固定することでいびきの発生を予防する治療法です。
スリープスプリントの費用は保険適用です。3割負担で約8,000円くらいです。

いびき

睡眠時、舌が後ろへ下がり気道を圧迫する
呼吸がしにくい状態になりやすい。

 
いびき

下顎を前に出すと顎が持ち上がり気道が開く。 下顎を前で固定するようにスリープスプリントを装着します

 
スリープスプリント

各個人上下の歯と顎の状態に合わせアクリル樹脂で作成します。初回の検査で良好と判断した方のみ作成可能で、効果、有効率は90%といわれています。

症例1

スリープスプリント。装着前の口腔正面像です。

装着前の口腔正面像です。

スリープスプリント。スプリントを上下の歯でかみ合わせ就寝します。

スプリントを上下の歯でかみ合わせ就寝します。

スリープスプリント。装着前の写真です。

装着前の写真です。

症例2

スリープスプリント。下あごを前方に5ミリ突出させた状態で装着しました。

下あごを前方に5ミリ突出させた状態で装着しました。

スリープスプリント。スプリントを上下の歯でかみ合わせ就寝します。

スプリントを上下の歯でかみ合わせ就寝します。

スリープスプリント。以前のタイプでは就寝しにくい点を改善して違和感を軽減させた当院独自のDKスリープスプリントです。

以前のタイプでは就寝しにくい点を改善して違和感を軽減させた当院独自のDKスリープスプリントです。

スリープスプリントによる睡眠時無呼吸症候群への効果のデータ

施行前に比べ、施行後、AHIが26.8から3.9に下がって正常範囲に

マウスガード(マウスプロテクター)

マウスガード

スポーツ時の外傷及び脳震盪の予防、歯の保護、運動能力向上などの効果が得られることは、一般的にも広く認知されてきました。適合が悪いと、かみ合わせと体のバランスが崩れます。

 
市販のマウスガード
市販のマウスガード

歯に沿っておらず適合性が甘いため、すぐにはずれます。

 
医院でのマウスガード
医院でのマウスガード 医院でのマウスガード口腔写真

型を採って作製するために歯との適合性が良くはずれにくい。



保険適用が認められませんが、マウスガードの厚さや素材によりますが8,000円~10,000円くらいかかります。

歯ぎしり防止(ナイトガード)

就寝中に歯ぎしりをする人は、歯の磨り減り障害を引き起こすことがあります。
歯と歯の間に薄い軟質の膜を介在させることにより歯の磨り減りを防止するために装着します。
保険適用として認められています。3割負担で5,000円くらいです。

  
ナイトガード ナイトガード
本体 装着時

TOPへ戻る

治療メニュー

katsufuji_qr.jpg