大阪府泉佐野市の歯科(歯医者)かつふじ歯科です。静脈内鎮静治療の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

静脈内鎮静治療

静脈内鎮静治療

笑気吸入鎮静法では、患者さんの記憶が残っていますが、静脈内鎮静法では治療中の記憶もなくなります。 ある意味笑気吸入鎮静法よりもより強力な鎮静法と言えます。


どんな患者さんに適応ですか?

笑気吸入鎮静法を行う患者さんに加えて、インプラント手術や親知らずの抜歯などの口腔外科手術、リラックスして楽に治療をお受けになりたい方にも、おすすめします。

どんな状態になるのですか?

全身管理(血圧や呼吸)をしながら、静脈内に薬を入れます。 数分してお薬が効いてくると眠くなりますが、意識はなくなりません。 会話もできますが、飲酒しているようなボーとなる感じになります。


どんな効果があるのですか?

① 不安や恐怖心が薄れてきます。

② 血圧や脈拍が安定します。処置中は監視モニターを使っていますので、安心して治療を受けることができます。

③ 記憶がなくなるため、時間の感覚が失われ治療時間が短く感じられます。

④ 麻酔の注射のことも覚えていませんので、注射からの恐怖心もなくなります。


静脈内鎮静法の開始から終了まで







monitor.jpg

① 血圧や呼吸を監視するモニターをつけます。
 
② 点滴から少しずつお薬を入れます。

③ お薬の効果を確認して、必要に応じて麻酔注射をし、治療を開始します。

④ 治療終了後、麻酔を覚ますために麻酔拮抗薬を点滴します。

⑤ 眠気、ふらつきがなくなるまでお休みいただきます。

注意していただきたいこと

・ 体調が悪い場合は、中止します。
・ 処置開始3時間前から飲食は避けてください。
・ 監視モニターを指につけますのでマニュキュアは落としてください。コンタクトレンズは、外して下さい 。
・ できれば帰宅の際は付き添いの方に送迎してもらうようにお願いします 。
・ 帰宅後、ふらつきが出ることがありますので、無理せずにお休みください。

TOPへ戻る

治療メニュー

katsufuji_qr.jpg